育児にかかるお金のことを考えるブログ

子どもが生まれると貰えるお金とかかるお金に関して個人的にまとめているブログ

出生届はどこで入手できる?無料でもらえる(ダウンロード)できるサイト

投稿日:

出産してから赤ちゃんの名前をつけると必ず提出するのが出生届です。一般的に出生届は14日以内にお住まいの市町村役場に提出することになります。

でも、一生の記念にということで最近ではオリジナルの出生届を出す方が多いです。そこで、無料でもらえる(ダウンロードできる)出生届配布サイトをこちらでまとめておきます。

スポンサーリンク

無料でもらえる出生届

無料でもらえる出生届ですが、ノーマルの出生届は市役所にいくと置いてあります。

各市町村の出生届を見てみる!

 

最近の市町村は、オリジナルの出生届を出していることが多く、中にはびっくりするようなデザインのものを配布しています。

 

 

他にも民間の企業が無料で出生届を配布しています。

出生届製作所


こちらは有料のものが圧倒的にかわいいのですが、無料のものも配布しています。

無料会員登録しなければなりませんが、登録しても迷惑メールなどは届きませんので安心して使ってください。

 

ミキハウス

ミキハウスのオリジナル出生届はイベント参加でしかもらうことができません。

以前はミキハウスのショップでお買い物をすると先着でもらえたのですが、最近ではイベント参加でしかもらうことができなくなったとのこと。

こちらのプレママ、プレパパセミナーに参加すると特典でもらうことができます。(特典の内容は変更になっていることもありますので事前に確認してみてください)

 

ビズオーシャン

こちらは書式のダウンロードサイト、ビズオーシャンです。

とてもかわいい出生届、婚姻届がダウンロードできます。ただ、こちらのサイトは登録するとクレジットカードやリボ払い、楽天カードローンなどの勧誘と思われる迷惑メールが来ます。

メルマガ配信停止を申し込みしようとすると、有料でお金がかかり、なおかつ退会するしか方法がないようです。

 

雑誌の付録

赤すぐなどの妊婦向け雑誌に付録としてついていることがあります。

リクルートの赤すぐで出生届をよく付録で出しています。

基本的に雑誌を買った人のみが応募でもらえるというものなので、事前に確認しておくといいです。

 

 

 

出生届の書き方

出生届ですが、書き方は法務省に載っています。

左側:生まれたお子さんの情報を記入

右側:医師が記入

医師の記入がないものは無効となります。

また、自分で出生届を持ち込むと出生届に記入する手数料を取る病院もありますので、お子さんを産む病院に持ち込みできるものかどうかを確認してから使用してください。

出生届を提出するときに忘れてはいけないのは児童手当の手続きです。基本的に出生届を出しに行くと案内されますのでそれに従って届け出すればOKです。

児童手当とはなにか?いつからいくら貰えるものなのか

お子さんが生まれると必ず貰えるのが児童手当です。 平成22年に政権交代したときに「子ども手当」という名前になり1ヶ月あたり13,000円が支給されていました。しかし平成24年に政権交代してからは…「児 ...

 

 

オススメ記事

1

何かと話題になっているもち麦。実は妊婦さんには好都合な食材だって知っていますか? 妊婦になり、産院で行われた母親学級。その時に助産師と管理栄養士さんが主に話をしてくださったのですが… その中で管理栄養 ...

2

学資保険を検討しているという方、もしかして高い学資保険の掛け金にびっくりしていませんか?年収が高いご家庭ならば月額15000円とか20000円という学資保険を掛け続けることはできますが。   ...

3

無印良品を使っているというママさんって多いですよね?そんな無印愛用家の方に是非お知らせしておくべき無印ファミリーセールを紹介します。 スポンサーリンク 記事の内容無印ファミリーセールとは?無印ファミリ ...

4

赤ちゃんができて、生まれた後からすぐ必要になるのが紙おむつです。 何よりも、今、数多くの紙おむつが販売されており、以前ならパンパースが一番!とかメリーズがいい!という感じで分かれていました。 ところが ...

5

家計簿を付けたことがある主婦は8割ですが、実は定期的に継続している方は約3割に満たないという結果。 つまり、家計簿ってのはそもそも付けたほうがいいのはわかっているけれど、なかなか継続しないというのが現 ...

-妊娠&出産の準備
-, ,

Copyright© 育児にかかるお金のことを考えるブログ , 2018 All Rights Reserved.