育児にかかるお金のことを考えるブログ

子どもが生まれると貰えるお金とかかるお金に関して個人的にまとめているブログ

Amazonファミリーを無料で利用する方法をまとめてみた

更新日:

Amazonファミリーって知っていますか?

育児中のママさんやパパさんにとってAmazonファミリーになるメリットは大きいです。

しかし、年会費3,900円を払ってまで利用する価値はあるのかもギモンですよね?そこで、Amazonファミリーの有料会員のメリット、デメリット、Amazonファミリーを無料で使い続ける方法についてまとめてみました!

スポンサーリンク

Amazonファミリーとは?

 

Amazonファミリー

Amazonファミリーとは、妊婦さんやお子様がいるご家庭に対して提供している無料のサービスです。Amazonファミリーの特典と、Amazonプライムの特典を両方使うことができるサービスとなっています。

妊娠中のママ、育児中のママがはAmazonファミリーの無料会員が断然オトクです。


↑こちらからAmazonファミリーに登録できます。

 

Amazonファミリーの特典

  1. おむつやおしりふきがいつでも15%OFFで買える
  2. 会員限定セールの案内(おむつや粉ミルクなど)
  3. プライム会員料金の支払いで3,900円分のクーポン券配布

Amazonプライムの特典

  1. お急ぎ便無料(最短で当日中に商品をお届け)
  2. お届け日時指定便無料(ご指定の日時に商品をお届け)
  3. プライム・ビデオ(対象のアニメや映画、TV番組が見放題)
  4. Prime Music(100万曲以上が聴き放題)
  5. プライム・フォト(好きなだけ写真を保存可能)
  6. Kindleオーナーライブラリー(対象のKindle本が毎月1冊無料)
  7. 会員限定先行セール(毎日のタイムセールに通常より30分早く注文可)
  8. Amazonパントリー(低価格の商品をひとつから必要な分だけお届け)

Amazonファミリーですが、31日目になると自動でプライム会員料金年3,900円が課金されます。もし、年会費を払いたくないという方は、30日目にAmazonプライムのみを退会しましょう。

そうすれば、Amazonファミリー無料会員のまま、Amazonを利用することができます。

間違ってもAmazonファミリー会員の退会をしないようにしてください。1回退会処理をしてしまうとファミリー会員には戻れなくなります。
Amazonファミリーってちょっとややこしい無料会員の仕組みとなっています。

Amazonファミリーの仕組み

Amazonファミリーの会員特典のおむつやおしりふきの15%OFFの内訳というのがこちらです。これ、Amazonプライム会員を退会すると…ファミリー会員の5%OFFのみが残るというわけです。

Amazonプライム 退会

Amazonファミリー会員というもの自体は完全に無料のサービスとなっているのです。

しかし、わざと15%OFFという部分をPRして、AmazonファミリーとAmazonプライムの両方をくっつけて15%OFFサービス登録を促しているというわけです。

 

年会費3,900円の価値はあるか?

AmazonファミリーとAmazonプライムの両方を継続すると、31日目に年3,900円がクレジットカードより支払われ、その代わり3,900円分のクーポン券が配布されます。

プライム会員の年会費を月割すると325円なんですよね。

仮に…

「パンパース テープ ウルトラジャンボ S 306枚 (102枚×3個) (テープタイプ)」を買うとします。

  • 楽天市場 5,000円
  • Amazon 4,590円

450円もの値段の差があるのです。

また古いパッケージのパンパースですと、Amazonではもっと安く買うことができます。

紙おむつは、平均的に1日8枚〜11枚ほど使います。そうすると、1ヶ月で240枚〜330枚も使うわけです。そうすると、できるだけ安いおむつを使うほうがいいわけです。

そして、パンパースは病院でも使われているおむつなのでできればSサイズまではパンパースを使っておくのが赤ちゃんの肌には優しいです。

となると、Amazonの通常価格が4,578円、定期配送にすると3,891円になりますので、Amazonファミリーでプライム会員の年会費3,900円を払う価値は大いにあると言ってもいいでしょう!

何よりもAmazonプライムの継続をすると1年間3,900円の年会費がクーポン券として戻ってくるので、利用するのはメリットが高いです。

 

↑こちらからAmazonファミリーに登録できます。

 

オススメ記事

1

何かと話題になっているもち麦。実は妊婦さんには好都合な食材だって知っていますか? 妊婦になり、産院で行われた母親学級。その時に助産師と管理栄養士さんが主に話をしてくださったのですが… その中で管理栄養 ...

2

学資保険を検討しているという方、もしかして高い学資保険の掛け金にびっくりしていませんか?年収が高いご家庭ならば月額15000円とか20000円という学資保険を掛け続けることはできますが。   ...

3

無印良品を使っているというママさんって多いですよね?そんな無印愛用家の方に是非お知らせしておくべき無印ファミリーセールを紹介します。 スポンサーリンク 記事の内容無印ファミリーセールとは?無印ファミリ ...

4

赤ちゃんができて、生まれた後からすぐ必要になるのが紙おむつです。 何よりも、今、数多くの紙おむつが販売されており、以前ならパンパースが一番!とかメリーズがいい!という感じで分かれていました。 ところが ...

5

家計簿を付けたことがある主婦は8割ですが、実は定期的に継続している方は約3割に満たないという結果。 つまり、家計簿ってのはそもそも付けたほうがいいのはわかっているけれど、なかなか継続しないというのが現 ...

-妊娠&出産のお金
-,

Copyright© 育児にかかるお金のことを考えるブログ , 2018 All Rights Reserved.